動物画家 佐藤潤

佐藤潤の作品は、アクリル絵の具をベースに日本画水干顔料を混ぜた混合技法で描いています。
背景には金粉・銀粉・ブロンズ粉等の鉱石粉を使用しているので光源の角度によって光って見える角度があります。

四神図屏風.JPG

四神図屏風

青龍、朱雀、白虎、玄武を描いています。それぞれに朝昼夕夜を表し、7つの星宿、全体で28宿を描いている他、日像(やたがらす)月像(うさぎ)を配しました。

20170707_2.jpg

鷹図屏風

三羽の鷹を描いた作品。
日本人と鷹は古代より深い関わりがありました。特に天皇や貴族など高貴な人々の間で鷹は愛されてきました。鷹は早く飛び、力強いイメージを持ち、家紋などにもなっている他、現代でも意匠に多く使われています。

20180629_2web.JPG

昇龍図屏風ー金ー

2頭の龍が雲をつかみ力強く昇っている様子を描いた金屏風作品。

古来より竜は信仰の象徴とされ、特に2頭の龍が昇天する姿は縁起の良い題材として世界中で数多く描かれています。

20180413_4.jpg

昇龍図屏風ー銀ー

2頭の龍が雲をつかみ力強く昇っている様子を描いた銀屏風作品。2017年に発表した金屏風作品に続き、2018年、銀屏風に新たな世界を描き出した。

古来より竜は信仰の象徴とされ、特に2頭の龍が昇天する姿は縁起の良い題材として世界中で数多く描かれています。

20170321_2.jpg

朱雀図屏風 二曲一隻

金色に輝く天空に出現した朱雀を描いています。共に描いているのは日本を含む世界各地の絶滅種の鳥たちです。
描かれている鳥:
ヒメコアハワイマシコ、カンムリムクドリ、ロードハウメジ
ロ、ヤシハワイミツスイ、レユニオンベニハタオリ、リョコウ
バト、ケイマンツグミ、ロドリゲスムクドリ、ニュージーラン
ドツグミ、コアハワイマシコ、オガサワラマシコ

hakobune.JPG方舟路屏風(二曲一隻)


作品解説
「悉皆成佛」
相国大龍(花押)
悉く皆(みな)成佛(じょうぶつ)
有馬頼底老師賛 

biombo03.jpg鳥獣花木図屏風(四曲一隻)


作品解説

hurosaki_byoubu.jpg風炉先屏風(二曲一隻)
humibako.jpg文筥図屏風(二曲一隻)
sikikatyo.jpg四季花鳥図屏風(二曲一隻)
mini_byobu.JPG【複製】縮小屏風Birds

ページの先頭へ